普通である事の幸せ

小学校低学年の頃、絵日記を続けていた茶々。
また、3人の子供達も夏休みには絵日記を記し、
『どこか連れてってくれへんと絵日記が書けへん・・・』と、
しょっちゅうせがまれ、
『川でザリガニをつかんだ~。それでも絵日記になるやん』
と、応酬(笑)した茶々。
ブログを始めて、遅まきながら子供たちが言っていたのが
理解できます。(子供たちよ、ごめん・・・)

私は今、記事のために外出し、写真を撮り、文章を考える
事で認知症の発症を少しでも遅らせる事ができたらなぁ~と、
子供の頃の絵日記のような拙いブログですが、
週一ながら細々と続けています。

*彦根 庄堺(しょうさかい)公園のバラ(28日)
IMG_5142.JPG

緊急事態宣言の下、不要不急の外出を控えるお達しで、
ボランティア活動も趣味の自主クラブの活動も休止となり、
外出は買い物だけ(朝のウォークは続けています)の毎日。

IMG_5173.JPG

IMG_5133.JPGIMG_5131.JPG















高齢期を元気に過ごすには、「きょうよう」「きょういく」が大切です、と。(過去ログとの重複、ごめんなさい)
「きょうよう」・・・今日、用がある。
「きょういく」・・・今日、行く所がある。
そうですね、用事があれば段取りを考え、
行く所があれば、身だしなみを整え交通手段などを
ネット等で調べ行動します。
「きょうよう・きょういく」は、高齢者にとても大切ですね。

IMG_5149.JPG

IMG_5160.JPGIMG_5163.JPG














でも、「不要不急の外出を控えねばならない」昨今、
「きょうよう」も「きょういく」もなく、
私はメリハリの無い暮らしになっていました。

IMG_5139.JPG

5143修正.jpg

そう言えば過日、シルバー川柳で、
『起きたけど 寝るまで特に 用はなし』を目にして
大笑いしたけど、何だか他人事に思えず笑ってられへん。

IMG_5164.JPGIMG_5155.JPG
















IMG_5156.JPG

そんな折、緊急事態宣言が解除され、28日に再度
庄堺公園を訪れると駐車場は開放され、
多くの(例年より少なめですが)市民で賑わっていました。

IMG_5177.JPG

IMG_5166.JPGIMG_5175.JPG
















IMG_5146.JPG

子供達が元気に遊び、見守る保護者。
そんな普通の光景が幸せである事を感じた
庄堺公園のバラ園でした。

IMG_5178.JPG

5167コピー.jpg

この記事へのトラックバック