そして・・・誰もいない琵琶湖

琵琶湖のあのベンチ元に戻されていますよ』と、
体操のお仲間から伺ったのはひと月ほど前です。
でも、ぐずついた空模様が長く続いており訪問はせず、
青い琵琶湖を望めるまで待っていました。

・・・19日は朝から好天に恵まれ、
「ブログネタをゲット」と、喜んで出かけましたが・・・
駐車場はあるけど、先客がおられる・それもいっぱい。
そして、見慣れないデザインの車ばっかりで少し違和感も。
ベンチはかろうじて見える程度。

*こんなに大勢のお客さんは初めて。5426修正の修正.jpg

5428正.jpg

5438修正.jpg

*湖上にはモーターボートが。
5435修正.jpg

多くの車は東海地方のナンバーでした。
琵琶湖のあのベンチもエライ有名になったもんや。(笑)
ベンチをしっかり撮れなかったのは残念でしたが、
「これだけお客さんが来てくれはったら上等!
 まぁ、エエかぁ~」と思い引き上げました。

そして・・・誰もいない琵琶湖・・・
翌20日、復帰したベンチを撮りたくて
もう一度、琵琶湖のあのベンチへ。
9時半頃到着したら訪問客は誰もいない。
(何度も来ていますが、こんな事は初めて)

*広い駐車場は茶々専用みたい。(笑)
5446正.jpg

*琵琶湖のあのベンチです。
IMG_5448.JPG

IMG_5453.JPGIMG_5450.JPG














誰もいない琵琶湖。優しく心地よい波の音。
時おり小鳥のさえずりも。静か。ロマンチック・・・
対岸に夕陽が沈む頃、時を忘れて語り合ったカップルも
大勢おられる事でしょう。
この日の琵琶湖のあのベンチ
新しい魅力を再発見したような気持になりました。

ところで、各々の写真に写っています ブルーのライン は、
琵琶湖一周の道しるべです。

琵琶湖一周の略と、琵琶湖一周する長距離サイクリングルート
の名称をビワイチと言います。
大津市の唐橋を起終点として →草津市→守山市→野洲市
→近江八幡市→東近江市→彦根市→米原市→長浜市→
高島市→大津市へと、時計と反対周りで琵琶湖を左手に
望みながらのおよそ200㎞のサイクリングロードです。

IMG_5431.JPG

      私はビワイチの経験はありませんが、
        車でのビワイチはあります。
      滋賀県民は(聞くところによると)
        新車を購入した時とか、
      車の免許を取得した時は手始めに
       ビワイチをする人が多いとか?
       私もそのうちの一人です。(^^;)

この記事へのトラックバック