百人一首ゆかりの地を巡るウォーク

6日、京都府ウォーキング協会の例会ウォークに
参加させていただきました。パンフレットには、
健脚向き、約16km のコース書かれています。
コースの途中に有名な社寺仏閣等がありましたので、
カメラにおさめました。併せてご覧くださいましたら
幸いと存じます。

ここに来るとついつい・・・「お上りさんや~」と、
言いつつも写真におさめたくなる「京都タワー」。
私は正真正銘の「お上りさん」のようです。(^^;

*京都タワー
6515.jpg

*集合場所は京都駅。受付スタッフさんは既にお見えです。
 検温・受付・消毒等々。お世話になります。
IMG_6516.JPG

コロナの関係で今回も自由歩行。リュックを背負った人々の
後をはぐれないようについて行きます。(8時35分頃出発)

*出発後数分で東本願寺の御影堂門に。凄い立派です。
看板御影堂門.jpg

IMG_6523.JPG

*東本願寺 勅使門
勅使.jpg
勅使とは・・・検索してみると、天皇が出す使者の事で、
勅使門は勅使が出入りする時にのみ使われます。

①俊成社。小倉百人一首の撰者・藤原定家の父君である
 「皇太后宮大夫 藤原俊成」が祀られています。
IMG_6527.JPG
      世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
             山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

②在原業平邸址。
 昔々(^^;   古文の時間に『「業平」は絶世の美男』と、
 先生がおっしゃった事を未だに覚えています。(笑)
IMG_6528.JPG
    ちはやぶる 神代もきかず 竜田川
           からくれないに 水くくるとは

*本能寺の前を通りました。
IMG_6529.JPG

③誓願寺 「和泉式部」ら女性たちから深い信仰を
 集めた女人往生のお寺です。
IMG_6530.JPG
    あらざらむ この世のほかの 思い出に
           いまひとたびの 逢うこともがな

④誠心院 「小式部内侍」の母君・和泉式部が初代住職。
6534正.jpg
       大江山 いくのの道の 遠ければ
            まだふみも見ず 天の橋立

*蛸薬師(永福寺)
IMG_6535.JPG
2月の「光秀ウォーク」の折り、ここの「なで蛸さん」を
なでた手で私の足をなでたら、足のだるいのが治りました。

*先斗町歌舞練場
看板先斗町.jpg

先斗町正.jpg

*三条大橋6538正.jpg

*弥次さん喜太さんの像。東海道の終点、三条大橋西詰め。
IMG_6539.JPG

*三条大橋擬宝珠の刀傷跡
正.jpg

IMG_6541.JPG

*聖護院門跡 お参りをしてご朱印をいただきました。
IMG_6544.JPG

IMG_6605.JPG

⑤神楽岡東稜 「陽成天皇」を祀った稜墓。
墓陽成天皇.jpg
     筑波嶺の 峰より落つる みなの川
            恋ぞつもりて 淵となりぬる

平安神宮  平安遷都をされた桓武天皇と、明治天皇の父であ
      り、一生涯を京都で過ごされた最後の天皇である
      孝明天皇が祀られています。
*応天門
IMG_6554.JPG

良いお天気でしたが時節柄、人出は少ないと言う事です。
320平安神宮.jpg

*知恩院三門  わが国最大の二重門。国宝。       
IMG_6560.JPG
 先の東本願寺御影堂門の立派さに驚きましたが、こちらも
    大変立派な三門で、訪れる度に圧倒されます。

*八坂神社 南楼門 (八坂神社の正門)
IMG_6567.JPG

*京都ゑびす(恵美須)神社 
 在原業平朝臣が祀られています。
6578正.jpg

IMG_6579.JPG
二の鳥居には福箕(ふくみ)が飾られていて、お賽銭を
放り投げ、うまく入ると願いが叶うそうです。
下の熊手にもお賽銭が入るといいのですが、
私は2回試して2回とも✖でした。(泣)
343.jpg

⑥河原院邸址 (河原左大臣 「源融」)
河原院看板.jpg

346コピー.jpg
   みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに
           乱れそめにし われならなくに

7ヶ所巡る予定でしたが、神楽岡東稜のあと、
「崇徳天皇御廟」を見逃してしまいました。(^^;

ゴールの五条大橋近くの公園到着は13時前。
コロナの影響か、残念ながら参加者は減っています。
一日も早く収束してほしいものです。
IMG_6583.JPG

*帰りの電車で歩数計を確かめると・・・15.7km
 24307歩! 凄い!自画自賛。m(__)m
IMG_6596.JPG

・・・おまけ・・・
15.7km 歩いた翌日 (7日)も、朝の歩きは休む事無く
6時25分から約72分間歩きました。
IMG_6600.JPG

この記事へのトラックバック