積雪世界記録は滋賀県

積雪11.82m (ビルですと3階か4階でしょうね)が
観測されたのは、滋賀県の伊吹山で昭和2年2月14日です。
(伊吹山は岐阜県・滋賀県にまたがっていますが、山頂部は
滋賀県米原市に属しているので、あえて滋賀県と記しました)
この11.82m が、積雪世界記録だそうです。
100年近く前の記録で、地球温暖化が進んでいる今日、
今後も更新される事はないのでは?と、思っています。

*盆梅展が開催されています「慶雲館」の庭園。
IMG_6729.JPG  雪が付着する事で樹木の枝が折れないように縄で枝を
  守る雪吊り。湖北の厳しい自然がうかがえます。

「大陸からの冷たい風が日本海で沢山の水蒸気を含んで雪雲
となり、伊吹山にぶつかり多くの雪を降らす。ぶつかって
雪が降るのが湖北地方(今で言う長浜市や米原市)」
と、小学生の頃習いました。(私は湖北地方の出身です)

長浜・米原市は雪と言う置き土産をいただき、(-.-)
冷たい風のまま通り過ぎる地域は「伊吹おろし」と言う
とても冷たい風が吹くそうです。
「ekoさん」のお住まいがそうなんでしょうね。
「ekoさん、暖かくお過ごしくださいませ」

*盆梅展、まだまだ蕾が多かったです。
IMG_6692.JPG

IMG_6701.JPG

IMG_6688.JPG
IMG_6700.JPG















長浜市の積雪についてもう少し調べてみると、長浜市に
編入される前の「旧 余呉町」の北部では、昭和56年の
豪雪時に6m55cm を記録し、昭和11年には非公式ながら
尾羽梨(おばなし)地区(人の居住区)等で7m 越の積雪が
あったと記されており、その「旧 余呉町」は、近畿以西唯一に
して、日本最南端の特別豪雪地帯に指定されています。

*余呉湖 2018年9月28日撮影
余呉湖.jpg    周囲6.4km 面積1.8k㎡  の小さな小さな湖です。

水上勉氏の「湖の琴」の舞台となった「余呉湖」を擁し、
日本の原風景が残されているような「旧余呉町」は、
厳しい自然とも向き合っているのですね。

*15日 長浜市のコハクチョウさんに会ってきました。(琵琶湖)
IMG_6765.JPG

IMG_6807.JPG

IMG_6775.JPG

IMG_6799.JPG

   コハクチョウさんは、夜は安全な琵琶湖で過ごし、
   朝になると近くの田んぼに食事(二番穂)に出かけ、
   夕方にまた琵琶湖に戻って来ます。

この記事へのトラックバック