長浜のコハクチョウさん

15日、長浜のコハクチョウさんを訪ねてきました。
こちらを出発する時は青空が多かったのですが、
長浜の市街地を抜けた頃から雲行きがあやしくなり、
「お天気悪そう。やっぱり湖北地区なんや~」と、再認識。
それでも90分余の滞在中は何とか持ち堪えてくれヤレヤレ。

*11時過ぎに到着すると、何羽かのコハクチョウさんは
 まだ琵琶湖で遊んだりお昼寝していました。
IMG_6769.JPG

6772正正.jpg

IMG_6757.JPG

*首を持ち上げたので、飛び立つのかと期待しましたが
 飛び立たず。(飛び立ったとしても私の腕では上手く撮れないです)
IMG_6759.JPG

*左手前はカンムリカイツブリさん。右、オオヒシクイさんは
 国の天然記念物で越冬地としてここ長浜が南限です。
カンムリかいつぶり.jpg
オオヒシクイ.jpg











 オオヒシクイさんはコハクチョウさんより少し小ぶりです。

コハクチョウさんは飛び立ちそうにないので、野鳥センター
に「今日はどちらの田んぼに出かけていますか?」と、電話で
尋ね、田んぼのコハクチョウさんを観察(笑)する事に。

*ワ~イ !(^^)! 伊吹山の見える田んぼでいっぱい遊んでる!!
 鳴き声はとても賑やかです。(クークーかな?)
6818正.jpg

IMG_6784.JPG

IMG_6811.JPG
IMG_6813.JPG















田んぼのコハクチョウさんを撮っていると、次から次へと
琵琶湖からコハクチョウさんがやってきました。
羽の音はけっこう大きく、サワサワやなくてワサワサ。(笑)
IMG_6778.JPG

IMG_6805.JPG

6786.jpg

面白いくらいに飛んできましたが、カメラで上手く追う事
ができず、ただ眺めているだけ。(泣)

さて、長浜に飛来してくるのはほとんどコハクチョウさん。
たまにはオオハクチョウさんもいるそうですが。
オオハクチョウさんとコハクチョウさんの見分け方は、
「ケペルさん」が18日の記事で述べておられますように、
『オオハクチョウは、嘴の黄色の部分が先端に長くのび、
 先が尖っている』
他に書物を見てみると、『コハクチョウは嘴の半分以上が
黄色になる事はない』とも。
そう思いながら写真をみると、よくわかります。

*コハクチョウさんの特徴が嘴によく表れています。
IMG_6793.JPGIMG_6794.JPG














その長浜のコハクチョウさん、今月末頃には生まれ故郷へと旅立ってしまわれるのかと思うと、とても寂しいです。

IMG_6783.JPG

IMG_6808.JPG

6810正.jpg

*今年初めての満月。1月28日 19時頃撮影。
IMG_6868.JPG
  29日4時頃が満月と記されていましたが、早めに撮影。
  1月の満月は 「ウルフムーン」と言うそうですね。
  真冬の食糧不足を嘆く、餓えたオオカミの遠吠えにちな
  んで名づけられたそうです。
     

この記事へのトラックバック