北帰が始まっています

先日の新聞で、長浜のコハクチョウさんの北帰が始まっている
事を知り、今季最後と思い13日に会いに行ってきました。

*湖北野鳥センターから南へ湖岸道路に沿った約2.5km の
 辺には、コハクチョウさんがの~んびり。お昼寝かな?。
IMG_6900.JPG

*幼鳥さん。
 去年の6~7月頃に誕生し、9~10月頃、飛べるまでに成長。
IMG_6904.JPG

*しばらくすると、多くのコハクチョウさんが顔をあげ始め
 ました。飛び立つのでしょうか?
IMG_6923.JPG

6933正.jpg

IMG_6921.JPG

IMG_6910.JPG

IMG_6915.JPG

カモ目カモ科のコハクチョウさんは、日本から約4000km北
のシベリア北端のツンドラ地帯からカムチャッカ半島を経て、
千島列島またはサハリン経由で10月初旬から中旬に北海道に
飛来。その後、新潟→羽咋(能登半島)→琵琶湖へと来て
くれます。4000km !!幼鳥さん(親鳥さんも)凄いなぁ~

*アオサギさん。ここではカメラを向ける人は誰もいません。
IMG_6941.JPG

*飛び立たないコハクチョウさんをあきらめ、田んぼに移動。
6945正.jpg
     青々と芽を出しているのは麦と思います。

*田んぼはコハクチョウさんの鳴き声で賑やかでした。
IMG_6950.JPG

IMG_6952.JPG

IMG_6974.JPG

IMG_6954.JPG

湖北野鳥センターさんの H.P.を繰ってみると、
1月14日には琵琶湖全体で、過去最高となる924羽を確認した
と記されていました。東北や北陸など、日本海側で雪が多い
年は琵琶湖(以南にも)まで多くが南下するそうです。
なるほど、雪深くては採餌が困難ですからね。
(田んぼの落穂や二番穂等が食糧です)

*田んぼで待っていると、琵琶湖から次々とコハクチョウさん
 がやってきましたが、上手く撮れません。(T_T)
IMG_6992.JPG

IMG_6958.JPG

IMG_6965.JPG

6948正.jpg

IMG_6994.JPG

IMG_6961.JPGIMG_6975.JPG















*道路から右側の田んぼに居たコハクチョウさんが
 左側の田んぼに移動を始めました。何でかな?
7027正.jpg

IMG_6970.JPG

7001修正.jpg

IMG_6989.JPG

IMG_6997.JPG

7012.jpg

IMG_6979.JPG

IMG_7016.JPG

6990正.jpg

*着地寸前のコハクチョウさん。
 着陸前の飛行機が車輪を出しているみたい。(^^)
IMG_7010.JPG

*道路左側の田んぼに集まってきたコハクチョウさん。
7023正.jpg

*生後3・4ヶ月で 4000km におよぶ長旅の末、琵琶湖に
 来てくれた幼鳥さん。今月末頃には生まれ故郷へ帰って
 しまわれます。どうか全員無事にと願うばかりです。 IMG_6991.JPG
  コハクチョウさんの北帰行は、琵琶湖→羽咋→新潟→
  北海道で暫く休憩して、シベリアに向け旅立たれるのは、
  4月下旬から5月初旬頃だそうです。
  少し気が早いですが、8ヶ月後には元気に琵琶湖に戻って
  来てくださいと念じつつ、長浜をあとにしました。

この記事へのトラックバック