光秀公 最後のお城 「勝龍寺城」

7日、光秀公ゆかりの「勝龍寺城跡」へのウォーキングに
参加させていただきました。

*集合場所は「JR 長岡京駅」ここに降りるのは初めてです。
 駅前広場には美しい河津桜が。(ウォーク出発は9時45分)
IMG_7073.JPG

IMG_7074.JPG

長岡京市は、現在の向日市・長岡京市・大山崎町・
西京区辺りにあった古代の「長岡京」から命名された市名
なんですね。「長岡京」・・・とても美しい響きと思います。

*JR 長岡京駅から約20分で「長岡天満宮」に到着。
 御祭神 菅原道真公
IMG_7077.JPG
道真公が大宰府に左遷される折り、この地で名残りを
惜しまれたそうです。
大鳥居は、総高 9.75m  笠木(一番上の横材 )12m
重さ 50t   総御影石製。

天満宮コピー.jpg
さて、長岡京を調べていて初めて知った事・・・
無知・無学を露呈してお恥ずかしい限りですが、
私は 710年(ナント立派な)平城京の次の都は、
794年(ナクヨうぐいす)平安京とばかり思っていました。
ところがそれは間違いで、平城京のあと784年に桓武天皇の命
で都がここに移されたものの、飢饉・疫病・皇后ら近親者の相
次ぐ死去等が重なり、794年に平安京に遷都。わずか10年と言う
短期間でしたが、古代の一時代ここ長岡京が都だったのです。

*長岡天満宮の境内にある八条ヶ池。
 八条宮の命で造営された灌漑用のため池。
IMG_7079.JPG

IMG_7081.JPG

*当日は暖かなウォーキング日和でした。
長岡コピー.jpg

長岡京市はタケノコの名産地でもあります。
寂照院の開祖「道雄」が唐から持ち帰った孟宗竹を
最初に移植したのが長岡京市と言われています。
また、江戸時代に「隠元禅師」が萬福寺に孟宗竹を持ち
込み、やがて西山地域に定着したとも記されています。
歩いている途中に竹林が多くみられました。

*歩いて歩いて恵解山古墳(いげのやまこふん)に到着。
7106コピー.jpg

7108コピー.jpg
恵解山古墳は今から約1600年前の前方後円墳で、葬られた
人物は不明ですが、古墳の大きさから、現長岡京市・
大山崎町等乙訓全域をを支配した実力者と考えられています。
全長128m・後円部直径78.6m 高さ10.4m・前方部幅78.6m 高さ7.6m)

*山崎の戦いでは、光秀方の本陣か?
7117コピー.jpg
平成23年の長岡京市の埋蔵文化財センターの発表によると、
火縄銃の鉛弾が出土したり、前方部の掘り込みや後円部の
曲輪の跡がみつかった事等から、山崎の戦いで光秀方の本陣
が敷かれたと考えられています。

*後方の山が天王山。標高270m。
 昔は障害物もなく、よく見渡せたのでしょう。
IMG_7114.JPG

*勝龍寺ではしっかりお参りしました。
7119②.jpg

*勝龍寺城跡 (今はお城はなく、資料館があります)
7125正.jpg

IMG_7128.JPG
   細川家と明智家の家紋入りの旗が掲げられています。

光秀公の娘 玉さんは細川忠興公に輿入れし、勝龍寺城で幸せ
に暮らしていましたが、父君の謀反で離縁され、味土野(みどの)
(現京丹後市)に2年間幽閉され孤独な日々を送りました。

・・・本能寺の変から11日後の6月13日、山崎の戦いで
秀吉軍に敗れた光秀公は勝龍寺城に退却し、最後の夜を過ご
しました。夜中のうちに城を脱出し、坂本城へ向かう途中、
伏見小栗栖の藪で武者狩りに討たれて絶命したと言うのが
(私は信じたくないですが)定説のようです。

*13時過ぎにスタート&ゴールの長岡京駅に戻って来ました。
IMG_7129.JPG

*帰宅後歩数を確かめました。
IMG_7134.JPG

この記事へのトラックバック