玉座の間とさつき盆栽展

5月29日、「第六回さつき盆栽展」が開催されている
長浜市の慶雲館を訪ねました。
湖北の新春を彩る盆梅展で有名な慶雲館は毎年のように
訪問していますが、私はさつき盆栽展は初めてです。

*慶雲館表門
IMG_7747.JPG

7748正.jpg
  慶雲館は、明治20年2月に明治天皇ご夫妻が京都行幸の
    帰路に、大津から船で長浜にお立ち寄りになり、
    ご休憩された長浜の迎賓館とも言われる建物です。

*中門
7751正.jpg

*正面玄関に進みました。紅白の色鮮やかなサツキです。
IMG_7757.JPG

*今回は、玉座の間が公開されているとの事で二階へ。
 玉座の間、私は初めてです。
7763.jpg

IMG_7764.JPG

IMG_7765.JPG
        やっぱり一段、高いのですね。

実業家の浅見又蔵氏が明治19年に「翌年、明治天皇が長浜に
お立ち寄りになる」と聞き、私財を投じて建設された総檜造り
の慶雲館。天皇ご夫妻は13時頃長浜にご到着。およそ45分の
ご休憩のあと、列車で名古屋に向けご出発されたそうです。

*立派なサツキですね。
IMG_7781.JPG

IMG_7798.JPGIMG_7796.JPG















7808正.jpg

IMG_7802.JPG

IMG_7806.JPG

IMG_7769.JPG

IMG_7826.JPG


*本庭に降りてみました。
IMG_7787.JPG

IMG_7788.JPG

7786再修正.jpg

IMG_7790.JPG

*丹精込めたられたサツキが並びます。
IMG_7827.JPG
IMG_7828.JPG















IMG_7809.JPG

7832正.jpg

IMG_7831.JPG

IMG_7830.JPG

  「さつき盆栽展」は、長浜・米原両市の愛好家でつくる
    「湖北さつき会」の皆さまの展示ですが、
       今年は6日で終了いたしました。

この記事へのトラックバック