京都の三門(山門)Ⅰ

先日、ふと京都の三門巡りを思いつき、近畿の梅雨明け
翌日(18日)、スマホの地図を頼りに歩いてきました。

最初に目指すは知恩院。地下鉄東山駅下車。
*鴨川の支流 白川。京都らしい風情を感じます。
IMG_7979.JPG

*光秀公の塚が近くにあり、お参りしました。
7976修正.jpg

IMG_7973.JPG

IMG_7975.JPG
        明智家の家紋「桔梗」が植えられ、
      地域の皆さまのお心使いがしのばれます。

*浄土宗総本山 知恩院(華頂山 知恩院)開祖は法然上人。
8006修正.jpg

*知恩院三門 (国宝・国内最大級の木造門)
 とにかく立派です。立派としか形容の仕方がわかりません。
7981修正.jpg
   高さ24m 横幅50m  秀忠公の命により、1621年建立。

0562コピー.jpg


知恩院三門.jpg


*公式サイトからお借りした全景。より一層立派さが伝わると思います。
 知恩院三門 ②.jpg

知恩院と言えば、三門と共に思い浮かべるのが、ゆく年くる年
のあの「梵鐘」です。除夜の鐘の中継時に、大きいなぁとは
思っていましたが、実際、目の当たりにすると デッカー!
「規格外!?」ホンマにホンマに大きいです。

*知恩院梵鐘。日本三大梵鐘のひとつ。
IMG_7993.JPG

IMG_7996.JPG
三大梵鐘とは、知恩院・東大寺・方広寺の梵鐘だそうです。
大きさを比較してみました。

      高 さ   口 径   厚 さ   重 量
知恩院   3.30m            2.80m            30cm              70.0t
東大寺   3.86m            2.71m              ?                 26.3t
方広寺   4.12m            2.22m             27cm             82.7t

*27年前にいただいた知恩院のご朱印
8116修正.jpg

地下鉄東山駅から知恩院までは迷わずすんなり行けましたが、
知恩院から金戒光明寺までは30分余を要しました。
(事前にネットで調べたら20分ほどで行けるらしい)

*浄土宗大本山 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)高麗門。
 (紫雲山 金戒光明寺) 開祖は法然上人。
8010修正.jpg
  住所は左京区黒谷町。地元では「くろ谷さん」の愛称で親しまれています。

*金戒光明寺山門(応仁の乱で焼失後、1860年に再建)立派!
IMG_8013.JPG
         高さ約23m  間口約15m。
楼上には、後小松天皇宸筆の『浄土真宗最初門』の勅額が
掲げられています。
法然上人が金戒光明寺のある黒谷に初めて草庵を結んだ事から
、日本の浄土宗の真の始まりの場所と言う意味だそうです。

*山門を裏から見ると・・・裏から見ても立派。
IMG_8024.JPG

*花手水 美しくて可愛いですね。
IMG_8026.JPG

*金戒光明寺三重塔 (秀忠公の供養塔)
IMG_8035.JPG

*秀忠公の正室 お江さんの供養塔
8031修正.jpg

さて、浄土宗総本山知恩院と浄土宗大本山金戒光明寺、
「総本山」と「大本山」どう違うのかな?と、検索して
みると、どうもお寺の格を表しているようで、浄土宗の場合
「総本山」が一番格上で、次に「大本山」「本山」の順
に続くのだそうです。

*27年前にいただいた金戒光明寺のご朱印
8110.jpg

27年前にいただいた時は、「達筆!凄い!」そんな印象で、
文字の意味は考えていなくて、先日三門巡りをするにあたり
ご朱印帖を眺めたら「あれ?浄土宗やのに、何で浄土真宗
って書いてあるの?」と、疑問が。

ブログ作成のため色々と検索していたら、先の後小松天皇の
勅額『浄土真宗最初門』の説明を見つけ「浄土宗の真の始ま
りの場所」と言う意味である事がわかりました。納得です。

*南禅寺境内の苔。緑がとても美しい。
境内南禅寺.jpg
  知恩院から金戒光明寺へと進み、最後は「絶景かな」の
       南禅寺三門です。次回に綴ります。

**前記事の「痩せたタヌキさん」を読んだ実姉から「痩せて
  いるのではなく、夏毛では?」とのメールが届きました。
  飼っていた柴犬も夏になるとスッキリしたとのこと。
  「タヌキ・夏毛」で検索すると、名古屋東山動物園のH.P.に
  「(6月)痩せすぎじゃないの?」と、お客様から声がかか
  り「夏毛に生え変わったのですよ」と説明。また、宇部市
  のときわ動物園H.P.(8月)では「全身夏毛に生えわり
  スマートになった」と記されていました。こちらのタヌキ
  さんも夏毛に変わったのでしょう。安心しました。

この記事へのトラックバック