私の大切な物 Ⅰ

タイトルは 私の大切な物 ですが「物」と言っていいのか?
迷いました。(-_-) 
「物」ではちょっと悪いないような気がします。
それは「ご朱印帖」。
平成になってから・45才を過ぎてから始めたお寺参り。
(私の場合、お寺参りと言うよりお寺巡りの方が合ってるかも)(^^;)
きっかけは次女が京都の仏教系の短大に進み入寮し、
京都に詳しくなった事であちこち案内してもらった事から。

*初めて手にしたご朱印帖。(納経帖って書いています)
 三十三間堂で購入しました。
IMG_8935.JPG

*ご朱印帖は蛇腹になっていて表裏両面に書いていただけ
 るので、一冊で50ヶ寺近くになると思います。
IMG_8946.JPG

IMG_8953.JPG

*初めていただいたご朱印。平成5年11月6日。妙法院門跡。
IMG_8940.JPG

IMG_8942.JPG  「寧々さん」ゆかりの高台寺と清水寺塔頭成就院。

*お寺の魅力に惹かれたのか「西国三十三札所」を
 巡ってみたくなり翌年から札所巡りを開始しました。
IMG_8936.JPG

このような表現はお寺さんに対して失礼かと思いますが、
最初は「物見遊山」と言うのが正直な気持ちでした。m(__)m

*西国三十三札所の第一番から三番は和歌山県です。
 夫と2泊で車で回りました。
8963青岸渡.jpg

8966紀三井寺.jpg

8969粉河寺.jpg


*札所は必ずしも順番に巡らなくてもいいそうです。
 で、初めての札所は次女と京都の3ヶ寺でした。
8970コピー.jpg

IMG_8974.JPG

8944行願寺.jpg

西国三十三札所と一般のお寺さんとで、今まで120ヶ寺以上
のご朱印をいただいています。書いてくださった中でとても
印象に残っている方が3人おられ(と言うより、3人以外は
全く印象が無い)その内のお一人が上記の行願寺の方で、
頭を丸めた小柄な尼さんでした。
ご朱印帖には何と書いてくださったのか読めないですが、^^;
小柄な尼さんから想像できない筆の運びに驚いたものです。

ちなみにあとのお二人は安楽寺と若狭神宮寺の方です。
*安楽寺 見るからに若く印象は修行僧のようでした。m(__)m
 次女もそのように思った、と。でも、すっごい達筆!!
安楽寺ご朱印.jpg

*若狭神宮寺(小浜市)受付におられた方は愛想が良く、
 40~50代のとても美人さんでした。こんな美人さんから
 いただくご朱印は初めてでした。
神宮寺ご朱印.jpg

・・・18日朝は予報通りに積雪があり、10時過ぎから自宅前
の道路の雪かき開始。大変と思われるかも知れないですが、
川に放り込めばいいのでとても楽です。(^^)
私は草取は苦手ですが^^;雪かきは好きな作業です。(^^)
*before   after
修正.jpg

IMG_8956.JPG

*光回線?線が切れてたれ下がり、道路の雪に埋もれていま
 した。こんな事は初めて。水分を多く含んだ雪だったのか。
 近所の奥さんがeo光に電話してくださったけど、
 とりあえず私家で預かり。
IMG_8962.JPG

*正午前には青空も見えましたが、雪が舞う一日でした。
8958修正.jpg

・・・雨&雪で歩きは3日間休み、20日朝は長靴を履いて
出発。正解!!ご覧の通り農道は除雪されていません。
8979修正.jpg          20日07時04分頃

*湖西の山々。田んぼの雪はかなり消えています。
8981修正.jpg          20日11時20分頃

この記事へのトラックバック