聖徳太子の足跡めぐり Ⅲ 登った 超えた (^^)/ 808段 !

「聖徳太子の足跡めぐり」第3回は、近江八幡市の長命寺です。
姨綺耶(いきや)山 長命寺 西国三十一番札所

前々回の正明寺と同じく、推古天皇の御代に聖徳太子の創建
と伝わる天台宗のお寺さんです。
ご本尊は、千手観音・十一面観音・聖観音菩薩の三体で
聖徳太子が自ら彫られたと言う伝説があります。

自宅から湖周道路で約20kmと近く、何度も訪れていますが、
麓から本堂まで 808段の石段を登らねばならないのが厳しい!
(毎回、車利用は私の選択肢には無く、駐車場に止めておきます)
自分の足でお参りするのは今日が人生最後かも?  (-_-)

*ハッピャクヤダン、さぁ出発です。頑張ろう!
IMG_9750.JPGIMG_9749.JPG















*手摺はなく、切石や大きな石を並べただけの参道は歩き辛  
 く、途中何度も立ち止まり休憩しつつ上を目指しました。
IMG_9753.JPG

IMG_9755.JPG
歩き辛いと不満でしたが、上るにつれ、昔の人は重機も無い
のにこの石段を作ってくださったと感謝の念がわきました。

*山上駐車場。ここから本堂までは130段ほどらしいです。
 私は麓から26分も難儀して登山。(>_<)
IMG_9759.JPG

*駐車場に建立されていました。長寿の象徴、カメさん。
IMG_9760.JPG
IMG_9761.JPG















*冠木門(かぶきもん)に到着。出発から30分余。
IMG_9763.JPG
   冠木門とは、2本の柱の上部に冠木を貫き通した門。

*手水舎
IMG_9765.JPG

*最後の石段を上りきると右手に丹塗りの美しい三重塔が。
 本堂より先にお参りしました。m(__)m 
IMG_9770.JPG

9767正.jpg

IMG_9774.JPG

*本堂(重文)1516年(室町時代後期)焼失後、1524年再建。IMG_9779.JPG

IMG_9780.JPG 本堂内陣の厨子には、三体のご本尊が祀られています。

*厨子外でご本尊をお守りする毘沙門天(重文)と不動明王。
IMG_9783.JPG
IMG_9782.JPG















*美しい檜皮葺の本堂。平成30年撮影
本殿長命寺.jpg
本堂は標高333mの長命寺山の250m辺りに建てられています。

*閼伽井堂(あかいどう)  ご本尊にお供えする閼伽水を汲む
 聖なる井戸。
IMG_9769.JPG

*閼伽井堂の屋根には「阿吽」の鯱が。
IMG_9786.JPG

*三仏堂 釈迦・阿弥陀・薬師如来の三仏を祀っています。IMG_9789.JPG

*鐘楼(重文) 釣鐘が無いのに鐘楼?と、思ったら・・・
IMG_9809.JPG

*確かに鐘楼です。後方に橦木がありました。
IMG_9796.JPG

*鐘楼の内部。階段を昇って鐘をつくのですね。
IMG_9798.JPG
IMG_9800.JPG















*鐘楼から眺める諸堂の美しい檜皮葺の屋根。
 後方より、三重塔(杮葺き) 本堂・三仏堂・護法権現社拝殿。
9806修正.jpg

*境内の隅っこに「太郎坊大権現」の鳥居がありました。
IMG_9808.JPG

IMG_9803.JPG
この奥には「太郎坊権現社」があるのですが「先日、お参り
したばっかやから・・・」と、パス。
前回の「太郎坊宮さん」の、あの天狗さんがご祭神です。
長命寺の総鎮守として、勧請されたのだそうです。

約60分、お参りや写真撮影をし下山するのですが、例の石段
を下るのは怖いから自動車道(林道)を利用。35分を要し、
石段利用の上りとほぼ同じ時間で、まぁまぁ楽でした。

前回の742段を越え、今回は808段!! 翌朝も70分弱歩き、
足は全く違和感は無く、有難い事です。

*長命寺 『近江聖徳太子霊跡』ご朱印。
9834.jpg

*平成30年(2018年)は、西国三十三寺草創1300年でした。
 その記念のご朱印です。
御朱印長命寺1300年.jpg



    

この記事へのトラックバック