国宝 浄瑠璃寺三重塔 と 岩船寺

新しいアドレスはこちらです。

4月14日にSeesaaブログへの移行ツールが提供されましたの
で引っ越しました。(14日21時頃から開始、15日11時頃終了)
新ブログは気持玉がなくなったのは寂しいですが、今まで通り
に皆さまの所に訪問させていただきたく思っています。
相変わりませずどうぞよろしくお願いいたします。

さて、海住山寺の後は、浄瑠璃寺&岩船寺をお参りしました。
京都府木津川市加茂町は小さな町ながら、
国宝五重塔・国宝三重塔・重文三重塔を持つお寺さん
が3ヶ寺もあります。
古来から信仰の厚い土地柄なんでしょうね。

浄瑠璃寺 京都府木津川市加茂町・真言律宗の寺院
     山 号  小田原山
     ご本尊  阿弥陀如来・薬師如来
     創 建  1047年
     開 基  當麻出身の僧義明が薬師如来を安置して
          開基したと言う記録があるそうです。
          (聖武天皇が行基に命じて建立した説も)

当尾.jpg     
浄瑠璃寺説明.jpg

*山門
山門 A 浄瑠璃寺.jpg

*伽藍の配置図
浄瑠璃寺配置.jpg

*苑池(えんいけ)をはさんで東側に「薬師如来」を祀る国宝
 三重塔。この世・現世の「此岸」を表しています。
 なお「浄瑠璃寺」と言う寺号は、東方にある薬師如来の
 浄土を浄瑠璃世界と言う事に由来しています。
IMG_0029.JPG
     薬師如来は現世の苦しみを除く仏さま。
              (画像はパンフレットから)
やくし.jpg

IMG_0035.JPG
高さは約 16m。京都一条大宮から移築されたと言う記録
があり、建築様式などから平安時代後期建立と思われる。

*苑池と弁天祠
IMG_0039.JPG

*苑池西側は「阿弥陀如来九体(国宝)」を安置する国宝の
 本堂(1107年 再建) 来世の「彼岸」を表しています。
0028コピー.jpg
      阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主です。
                      (画像はパンフレットから)
阿弥陀9体.jpg本堂には阿弥陀如来が九体安置されている事から、
別名「九体寺」とも呼ばれています。(現在は二体修理中でお留守) 
薄暗いお堂の中は、厳かな空気に包まれているようでした。 

*また、阿弥陀如来九体と共に「秘仏・吉祥天女像」も運良く
 公開されていましたが撮影禁止です。(パンフレットから)
秘仏吉祥天.jpg

*浄瑠璃寺御朱印
浄瑠璃寺.jpg


岩船寺  京都府木津川市加茂町  真言律宗の寺院
     山 号  高雄山(こうゆうざん)
     ご本尊  阿弥陀如来
     創 建  伝 729年、聖武天皇の発願により、行基が
          阿弥陀堂を建立したのが始まりと言われる。
     開 基  伝 行基

     加茂町は京都府最南端に位置し、行政は京都府
     ですが、地理的には奈良に近く、文化的にも
     その影響が色濃く残っているそうです。

*山門
IMG_0001.JPG

*本堂
IMG_0013.JPG
     
*重要文化財 三重塔  室町時代の建立。
岩船寺三重塔.jpg

IMG_0010.JPG

*重要文化財 五輪塔&石室不動明王 鎌倉時代の建立。
IMG_0017.JPG

IMG_0019.JPG

*岩船寺御朱印
岩船寺.JPG

昔、山城の国と呼ばれていた京都府南部のこの地方は、
国宝十一面観音立像の観音寺・国宝釈迦如来坐像の蟹満寺・
一休さんでおなじみの酬恩庵には重文の鐘楼など、文化財
の宝庫でもあります。

アマリリス.png

彦根市内(平田川沿い)の八重桜 4月13日撮影
*福禄寿 造幣局の通り抜け、今年の花は「福禄寿」
 こちらにも植えられていました。
IMG_0114.JPG
IMG_0115.JPG















IMG_0117.JPG
平田川沿いの両岸400mに20数種類、120本のサクラが
植えられ、市民の憩いの場となっています。
IMG_0162.JPG

IMG_0144.JPG

IMG_0145.JPG

IMG_0110.JPG

この記事へのトラックバック