聖徳太子の足跡めぐり Ⅴ 東近江市

時おり涼やかな風が心地良い23日、2社寺を拝観しました。
「瓦屋禅寺(かわらやぜんじ)」初めて聞く寺名で「瓦」を
売ってはるお寺さん?まぁ、それは冗談・・・。

瓦屋禅寺  東近江市建部瓦屋寺町の臨済宗妙心寺派の寺院
      山 号  石崎山
      ご本尊  十一面千手観音菩薩
      開 創   聖徳太子
      創建年  891年

市内箕作山(みつくりやま・372m)の中腹に位置し、林道(2.5km)
を進みす。事前にネットで、林道は普通車のすれ違い可能
であを調べたので車利用です。(茶々は軽)(^^♪

*到着です。
IMG_0656.JPG
IMG_0654.JPG














聖徳太子が四天王寺建立の際、当山中の霊土を用いて
10万6千枚以上の瓦を焼いたのが寺名の由来です。
『瓦屋寺』は、聖徳太子からいただいたお名前で、後に
禅宗のお寺となり『瓦屋禅寺』の寺名となりました。

*小鳥の囀りだけが聞こえる、新緑に包まれた静かな境内。
IMG_0665.JPG

IMG_0674.JPG

参詣路傍の仏さまに手を合わせながら本堂に進みます。
*不動明王と線刻像の観音菩薩
IMG_0667.JPG
IMG_0668.JPG















*閻魔大王
IMG_0671.JPG

*特にしっかりとお参りしました。
IMG_0670.JPG

*この石段を上がったら本堂です。
IMG_0676.JPG

*本堂は目の覚めるような黄金色のヨシ葺きの屋根。
 こんな美しい屋根は私は初めてです。凄い!!
682修正.jpg

IMG_0695.JPG

江戸時代初期建立の本堂は、国の登録有形文化財として
伝統的なヨシ葺きを継承されています。
2021年、80年ぶりに屋根の葺き替え工事が行われ、
完成は今年3月。100%琵琶湖畔のヨシが使用されました。

IMG_0683.JPG

*前日(22日)からは、本堂内部も公開されていました。
IMG_0684.JPG

秘仏であるご本尊の千手観音は、太子が自ら刻まれたと伝え
られています。千手観音と言いながら、実際に千本の手を持
っておられる観音さまは少ないですが、こちらの観音さまは
千本の手を持っておられるそうです。

*聖徳太子像 (画像はパンフレットから・秘仏)
936 936.jpg

*扁額
703修正.jpg

*唐破風の立派な庫裏の正面玄関。(語弊がありますが)身分の
 高い方がお通りになる時のみ開けられます。
IMG_0697.JPG

*聖徳太子の自販機 (^^♪
IMG_0692.JPG
IMG_0706.JPG















*「瓦屋禅寺」さん、とても親切なご住職ご夫妻でした。
IMG_0708.JPG

*瓦屋禅寺御朱印
808.jpg


次に訪れたのは 市神神社(いちがみじんじゃ)です。
市神神社  東近江市八日市本町
御 祭 神       事代主命(コトシロヌシノミコト すなわち ゑびす大神)
         御神体のゑびす大神の体内には、聖徳太子自らが 
         刻んだとされる神像が安置されていると伝わる。

*「いちみやさん」と呼ばれ、親しまれています。
IMG_0713.JPG
IMG_0717.JPG














今は合併して東近江市になりましたが、旧の八日市市は
「八」のつく日に市が開かれていました。先の「瓦屋禅寺」で
瓦を焼くために大勢の人々が集まってきたので、聖徳太子が
『市を開いたらどうでしょうか?』と、おっしゃた事から
始まったと言う伝説があるようです。

*八日市と言えば蒲生野。蒲生野と言えば「額田王」
 歌碑がありました。
IMG_0720.JPG
IMG_0719.JPG















*聖徳太子像
IMG_0752.JPG

聖徳(せいとく)町・聖和(せいわ)町・聖徳(せいとく)中学校
など、聖徳太子にちなんだ名称が残る旧八日市市です。

*市神神社御朱印
800.jpg